BEEZEWAX Japan Tour 2016 in August 『BEEZEWAXとの出会い』

beezewax_2822

 

いよいよ来日まで目前のBEEZEWAX。

改めて結成の流れから、日本のリスナーに向けてのメッセージまで、

10の質問をバンドのボーカルであるケネスに投げかけてみました。

 

Q:

まずはBEEZEWAX結成から、現在までの流れを、簡単で良いので教えてください。

K:

若い時は別のバンドでプレイした後、1994年か95年にBeezewaxは結成しました。活動して2年ぐらいで僕たちのショーを気に入ってくれた人たちがいて、レコード契約。高校卒業後にツアーを行いました。僕たちはその後10年間でアルバムを5枚と数百本のライブをやったよ。それはみんなが知っての通り素晴らしい時間だった。でも僕たちも歳を重ねるにつれ、友人関係を保つのに苦労して、最終的には立ち止まって、メンバーと話をしなくなったんだ。それから7年間は何もなかったんだけど、活動再開しようと決めた。世界中の人達が僕たちのことを心待ちにしていてくれたんだ。ブラジルで新譜を望んでくれてるファンの人達に会った時、僕たちは改めて、自分たちの作品を聴いてくれているファンの人達へ感謝の気持ちを込めて、アルバムを製作しようと思ったんだ。それが「tomorrow」で、僕たちはそのツアーを通して、自分たちの音楽を聴いてくれている新旧のファンに会うことができて、とても思い出深かった。

 

Q:

10年ぶり、バンドでは3度目の来日となりますが、今回来たいと思った理由は?

K:

日本は、ツアーや旅行で来る度に好きな場所だよ。僕は過去に3度来てるんだけど、毎回、家に帰りたくなくなったくらいだよ。

初めて日本で演奏した時は、自分たちへの声援に帰るまで気がつかなかったんだよね。日本で今までに会った人はみんなとても優しくて親切だし、感激したよ。

 

Q:

食べてみたい日本食はありますか?

K:

過去にも、日本の友達の家ですごく美味しいものを食べたよ!(詳しくは聞けず)今回はまた違う日本食を楽しみにしてる.

 

Q:

ノルウェーで知られてる日本のバンドは?

A:

メルトバナナ、winnie、あと一度共演したelectric eel shockが好きだよ!

 

Q:

日本で行ってみたい場所はどこですか?

K:

僕たちはこれまで東京でしか演奏したことがなかったから、今回はいろんな地域にいけるのを楽しみにしてるよ。

 

Q:

現在、ノルウェーではどういう音楽シーンが流行ってますか?

K:

最近は、冷たい感じのエレクトロニカとか、USの緩やかなロック、あとはその中間かな。

パンク・エモもあるし、他にも小さいシーンがいくつもあるよ。

 

Q:

一番最初に、もっとも影響を受けたバンド、音楽は?

A:

最初は、ダイナソーJrとノルウェーのKung fun girlsっていうバンド。

 

Q:

最近、影響を受けているバンド、音楽は?

K

:最近はよくわからないなあ。僕たちは色んなジャンルの音楽に影響を受けてきて自分達自身がプロデューザーみたいな感じなんだ。ただ「tomorrow」に関しては、80年代初期のパンク/ニューウェーブ・ポップからの影響が大きかったよ。

 

Q:

普段休日は何をしていますか?

K:

小さかった頃はよくスケボーをやってたなあ。幸せなことに今は音楽が僕の仕事だから毎日好きなことをやれているよ。

 

Q:

最後に日本のファン、これから新たにBEEZEWAXを知ることになる人たちへ、メッセージをお願いします。

K:

僕たちが日本でライブをやることを知ってくれている、昔からのファンに会えるのをとても楽しみにしてます。最近の曲、過去のアルバムの中から気に入っている曲、あと、このツアーのために用意している新曲をプラスして演奏する予定だよ!

 

interviewer : Kawamoto

translator : Lucy

 

『BEEZEWAXとの出会い』

BEEZEWAXとの出会いは、14年前の2002年。

バンドを組めず、悶々とした日々を送っていた19歳の私は、バイトで稼いだ僅かばかりのお金を握りしめ、横浜のレコ屋でemoを漁るのが日課だった。

レコード屋でいつものようにCDをディグっていると、エモそうなジャケを発見したのが始まり。

おそらくメンバーであろう4人が写った、青みがかったモノクロの写真。

上下白で縁取られ、写真の下にはシンプルな黒い書体でバンド名「BEEZEWAX」と、

その下にタイトル名「South Of Boredom」。

間違いない。(このジャケはエモい匂いがする)

残り一枚だったそれを購入し、すぐさまポータブルCDプレーヤーにぶち込んだ瞬間、予感は確信へと変わった。

(その日から今日まで、この2ndはエモアルバムベスト10入り。日本でこの作品と次の作品を流通してくれた、今は無きレーベル、Painted skyに感謝!!)

3rdアルバム「Oh Tahoe」が出るとそれも迷わず購入し、同年7月に初来日するという情報を入手し、渋谷Egg Siteに期待を膨らませ、向かった。待ちに待った彼らが登場するなり、ボーカルのひとってどことなく大澄賢也に似てるなーと思いつつ、美メロ美声を堪能。終演後、淡い余韻に浸りたいがために、物販も何も買わず、すぐに帰宅した。

それから4年後の2006年、アンテナが低すぎたのか、仕事が忙しかったのか、2度目の来日を逃してしまうことに。

(その後Kennethのソロで来日したのも一切知らず、最近になってそれを知る有様。)

さらに時は経ち、2015年7月。

吉祥寺のレコ屋で、4枚目となるアルバム「Who to Salute 」のレコードを見つけ購入。

その日は家に帰るなり、レコードが手に入った嬉しさのあまり、レコードをinstagramにアップする。

そして数ヶ月後。

秋も深まろうとしていた頃、バンド宛に一通のメールが届く。

タイトルは「Beezewax to japan」。

差し出し人はKenneth Ishak(ケネス・イシャク)。

スパムかと思いつつ、恐る恐るメールをクリックすると、そこにはこんな文章が書かれていた。

「よう!俺はBeezewaxのボーカルのケネス。インスタに載っけてたレコード見たよ。聴いてくれてありがとう。ところで物は相談なんだけど、2016に日本でツアーしたいんだ。色々あって自分たちでやろうかと考えてるんだけど、手伝ってくれないかな。それでもし良ければ一緒に対バンしない?よろしく!」

と。

そんなのやるに決まってるじゃない!と即答し、何通かメールをやりとりし、今回のJapan Tourに至ったわけです。

夢のようなことが起こってしまい、正直まだ実感が湧いておりません。

とにかく彼らが無事に来日してくれることを祈るばかり。

個人的にBEEZEWAXは、北欧の気候がそうさせるのか、儚く、メロディが繊細で、キラキラしたイメージ。希望が湧いてきそうなくらいに疾走感で満ち溢れた曲や、力強いマイナー調なミドルテンポの曲もあったりと多彩。

Copeland / The Get Up Kids / Jimmy Eat World / death cab for cutie / Lukestar / Kråkesølv / Last Days Of April …このあたりが好きなひとには引っかかりそうな感じがします。

彼らから「日本の皆んなはどんな曲が聴きたいのかな?」とメールが来ているので、好きな作品から曲をリクエストすることが出来るかもしれません。

もしも何か聴きたい曲があれば、自分宛にメールをいただければ、直接Kennethにお伝えします。

来日まで残り2ヶ月となりましたが、それまで彼らの音楽を聴いて待ちましょう!

※最新作「Tomorrow」よりも過去作品を聴くには、おそらくiTunes storeが良いかと思います。

川元裕一朗/SZKN(静カニ潜ム日々)

 

BEEZEWAX 特設サイト by THISTIME RECORDS

http://thistimerecords.com/beezewax/

 

 

 

【来日スケジュール】

●8/1(月)@東京 新代田FEVER

BEEZEWAX

SZKN

adv ¥3,000 / door ¥3,500 (D別)
open 19:00 / start 19:30

プレイガイド: LAWSON (Lコード71650)/  e+

 

●8/2(火)@名古屋 栄TIGHT ROPE

BEEZEWAX

good luck with your fun(NEW)

yep(NEW)

サクラショック!(NEW)

ichiro(SZKN)(NEW)

adv ¥2,500/door ¥3,000 (D別)
open 19:00 / start 19:30

プレイガイド:LAWSON(Lコード41310)

TEL:052-242-8557

 

●8/3(水)@大阪 南堀江Socore Factory

BEEZEWAX

seebirds

fireplay(NEW)

ichiro(SZKN)(NEW)

+1BAND

adv ¥2,500/door ¥3,000 (D別)
open 17:30 / start 18:00

プレイガイド: e+

 

●8/4(木)@京都 GROWLY

BEEZEWAX

nim

スーパーノア

kailios (NEW)

ichiro(SZKN)(NEW)

adv ¥2,500/door ¥3,000 (D別)
open 17:30 / start 18:00

プレイガイド: e+

 

●8/6(土)@東京 新宿samurai

BEEZEWAX

winnie(NEW)

adv ¥3,000/door ¥3,500 (D別)
open 18:30 / start 19:00

プレイガイド:e+

 

 

●8/7(日)@東京 渋谷club kinoto

BEEZEWAX

SZKN

falls

athelas

FOOLA

adv ¥3,000 / door ¥3,500 (D別)
open 17:00 / start 17:30

●8/8(月)@新宿 bar ロックンロール以外は全部嘘

BEEZEWAX (Special unplugged show!!)

チャージ¥2,500(40人限定)
open19:30 / start20:00

ご予約はこちら
shizukanihisomuhibi@gmail.com
お名前、人数を添えてご連絡ください

東京都,新宿区歌舞伎町2-45-4 第2与三郎ビル7F
http://zenbu-uso.com/

プレイガイド:LAWSON (Lコード77524)/ e+

 

 

BEEZEWAX 特設サイト by THISTIME RECORDS

http://thistimerecords.com/beezewax/

 

ジャパンツアーに関するお問い合わせ先/チケット予約/リクエスト

shizukanihisomuhibi@gmail.com

(Kawamoto / SZKN (静カニ潜ム日々) )

 

BEEZEWAX Official Site

http://beezewax.com

Instagram

https://www.instagram.com/beezewaxband/

Twitter

https://twitter.com/beezewaxband

Facebook

https://www.facebook.com/beezewaxband